植物幹細胞研究のパイオニア

EUROPEAN

植物幹細胞研究のパイオニア

「リンゴ幹細胞由来成分※1」開発・特許取得メーカー:ミベール

自然豊かなスイスの希少なリンゴに着目し、世界で初めて植物幹細胞を抽出・培養することに成功したスイスの化粧品原料メーカー「ミベール」。5年もの歳月を研究に費やし、「PhytoCellTec TM」という独自の培養技術を用いて、リンゴ果実培養細胞エキス「PCT-MD※1」を開発しました。この成分はヨーロッパの化粧品アワード(有効成分部門)で最優秀賞を受賞。2016年に特許を取得し、国際的な評価も獲得しました。 ミベールは原料メーカーとして、世界中のコスメブランドにこれら化粧品原料を提供しています。

mibelle GROUP

ZOÉ of Switzerlandはミベール社自ら開発したスキンケアシリーズ。
だからこそ、高品質・高機能でありながら、毎日惜しみなく使えるリーズナブルな価格でお届けできるのです。

※1 リンゴ果実培養細胞エキス(保湿成分)

mibelle GROUP

ミベールの幹細胞培養技術

植物幹細胞研究・開発の第一人者的存在であるわたしたちmibelleは、 リンゴ以外にも、ソーラーぶどう、アルプスローズ、アルガン の幹細胞に優れたエイジング、美容効果を発見。

独自のPhytoCellTecTMテクノロジーによって幹細胞成分の人工培養に成功し、 化粧品への応用を実現。原料メーカーとして、世界中のコスメブランドに提供しています。 自然からのインスピレーションと最新のテクノロジーで、 新たな植物幹細胞の研究・開発に日々取り組んでいます。

grape

mibelleのPhytoCellTecTM

  • ソーラー(ぶどう)

    ぶどう
  • アルプスローズ

    アルプスローズ
  • アルガン

    アルガン